不用品処分・遺品整理・ごみ屋敷片付けなどでどの業者が優良業者か一目でわかる情報サイト

  1. スタッフブログ
  2. 0 view

場所ごとにコツをつかむ!綺麗になるお掃除術

毎日使っていると気づきづらいものの、臭いやカビが気になる場所としてキッチンがあります。
キッチンで使う様々な道具に付着した残り汚れや、そこから生じるカビが原因です。
嫌な臭いを防ぐには汚れを残さず徹底除去する工夫と、風通しをよくすることがポイントになります。
キッチンの臭いを作る1つが冷蔵庫です。
食べ物の臭いと混じりながら、独特の嫌な臭いを感じませんか?冷蔵庫臭とか冷凍庫臭などと呼ばれる臭いは、使っていれば当然に生じる仕方がない臭いではありません。
清潔に使えば防げるのです。
食べ物を置く場所ですから安心の洗剤でお掃除しておきたいですね。
そこで利用するのが重曹とクエン酸です。
重曹は小さじ2杯から3杯程度の量を、水200ccで溶きます。
クエン酸も同様の量で水に溶かしましょう。
まず、食品を出して冷蔵庫全体に重曹水をスプレーし、綺麗な布で拭き取ります汚れが落ちにくい場所は、重曹水を付けた布で二度拭きします。
さらにクエン酸を付けた布で磨けばOKです。
続いては調理器具です。
鍋やボール、まな板などから生臭い臭いや、落ち切れない油の腐敗臭がしてくることがあります。
食べ物がふれる道具なので、酢水につけて臭い取りをしてみましょう。
次にダイニングキッチンのフローリングに、食べこぼし汚れなどが付着した場合の掃除のコツを伝授します。
フローリングの板と板の境目の細い溝には、意外にもかなりの汚れが入り込みやすいのです。
面倒ですが、竹串などに細く布を巻くなどして汚れを掻き出しましょう。
こうした食べ物汚れが残ったままになっていると、腐敗臭が生じます。
汚れを掻き出せたら掃除機をかけ、その後、薄めた住宅用洗剤を付けた布で綺麗に拭いていきます。
湿ったままはNGなので、乾拭きをすれば終了です。
また、リビングの皮革ソファーなどの汚れも要チェックです。
皮脂汚れやペットの体液などが付着すると、色落ちやひび割れの原因になってしまうのです。
掃除機などを軽くかけて表面のホコリを吸い取った後、革クリーナーで優しく丁寧に磨きましょう。

スタッフブログの最近記事

  1. 名古屋で学習机の処分でお困りの際は弊社にお任せです

  2. 革製品の補修もrafixが承ります

  3. 安心して利用できる家具の買取サービス

  4. 効率的にクローゼットの片づけを行いたいなら

  5. お引越しや独立のお手伝いを全力サポート

関連記事

PAGE TOP