不用品処分・遺品整理・ごみ屋敷片付けなどでどの業者が優良業者か一目でわかる情報サイト

  1. スタッフブログ
  2. 0 view

バスルームをピカピカに保つお風呂掃除のポイント

キッチン、洗面所、お風呂場など水回りの悩みの1つが水垢、カビ、不快な臭いですね。
綺麗に掃除したつもりでも取り切れずに残ってしまうのが、その原因の1つになります。
バスルームをピカピカに保つ掃除のコツをチェックしましょう。
まず、不快な臭いの原因となるのは、バスルームにこもる湿気、掃除しきれなかった水垢、汚れと湿気の双方でもたらされるカビです。
いつも清潔に保つにはバスルームを乾燥する工夫と、箇所ごとにあった掃除の仕方になります。
お風呂に入ったら扉も窓もしめっきりでサウナのような状態にしておく、というご家庭はありませんか?家族が入り終わった後は、軽く乾拭きして水気を絞っておきたいですね。
それが面倒というなら浴室乾燥機をかけるか、電気代がもったいないというのであれば窓を少し開けて湿気を逃し空気を入れて乾燥させましょう。
カビ対策としてはバスルームの毎日欠かさない乾燥のほか、最近CMなどでも宣伝されているカビ防止剤などを使用するのもおススメです。
バスルームの天井に張るだけなど、様々なアイディアカビ取りグッズが販売されています。
次に浴槽の水垢を残さず綺麗に掃除しましょう。
この水垢は主に体から出るタンパク質が付着したものです。
タンパク質を分解するには、昔ながらの重曹や酢、クエン酸などを利用して落としましょう。
すぐにこすらずに、洗剤をつけたら少し放置するのが賢いやり方です。
タンパク質汚れを分解するのに少し時間がかかるので、無理にこすって浴槽に傷をつけるより、洗剤の分解作用にお任せするのが得策です。
なお、水垢対策グッズとして、湯船に浮かべるだけで水垢や汚れを吸収するという便利グッズも登場しています。
また、バスルームの中で汚れが付着しやすい場所としては、シャワーやカランの蛇口周りがありますね。
白く輪のように汚れが付いた場合、それは水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル分が固まった状態です。
こちらも、クエン酸が効果的です。
クエン酸をつけてしばらく置いておくと、落ちやすくなります。

スタッフブログの最近記事

  1. 名古屋で学習机の処分でお困りの際は弊社にお任せです

  2. 革製品の補修もrafixが承ります

  3. 安心して利用できる家具の買取サービス

  4. 効率的にクローゼットの片づけを行いたいなら

  5. お引越しや独立のお手伝いを全力サポート

関連記事

PAGE TOP